これほどタイムリーなネタは無いのだが、今日またいつものようにバイトから家に帰ってきた私はとりあえずマンションの下にある郵便受けから郵便物を持って家に入った。
玄関を閉めたが、我が家の玄関には下のものと別にドアに直接ポストがついている。
大抵は電気ガス代の請求書みたいなものが入ってるだけなのだが、
よく見ると白い袋も入っている。
ん??
とりあえず手にとって中身を出してみる。
な、なんと、
「ブルボンのアルフォート!!」
が入っていた。
ビスケットの背中にチョコレートがくっついたアレである。
「カラムーチョ」の次は「アルフォート」なのだ。
カラさの次は甘さで攻められたのだ。
しかも今度は2個入ってる。
デイリーヤマザキの袋に入ってる。
なに?何なの!?俺に何を求めているの!?何も出てこんよ?
え?O谷を抜いて俺が甘王に認められたってこと!?
と、もう何がなんだか訳が分からん状態なのだ。
ところで、先日の「カラムーチョ」の話を見ていた友人にはこっぴどく注意された。
そんな怪しいもん食うなよ!と。
まぁよく分かる。ごもっとも。
そして前にもまして怪しさを増した「アルフォート」×2だが、恐らくこの猛暑の中でドアのポストに放置されていたところを見ると、溶けていることは間違いない。
そんな可哀そうな「アルフォート」×2は、なぜか我が家の冷蔵庫に保護された。
なんでだろう。 いや、恐らくこれを見たほとんどの人はこう思ったであろう。
「こいつバカだ!」
はい。バカです。
やっぱり晩飯を食べた後って無性に甘いものが欲しくなるんです。
もう本能には抗えないんです!!
あっけなく甘味を欲する本能に負けた私は袋を破った。
一応破る前に怪しい点が無いかチェックはした。
甘かった。やっぱ「アルフォート」って甘かった。
少しの自己嫌悪と甘さの満腹感の中でふと考えた。
もし私がバトルロワイヤルに参加したら速攻で死ぬんだろうなと。
それにしても、この前日にカジへーも同じようなことがあったとは・・・・。
しかもそれを知らずに「アルフォート」のことを書こうと思ってsubstoryを開けて初めて知った私は尚驚いた。
これも一種のミラクルだろうか。
多分カジヘーは怪しいビールを飲んでなさそうだが・・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation